カテゴリ:大判倶楽部( 8 )

勝手にRanking

5/26
最近熱が上がっている大判カメラ
そして レンズを買いあさっている大判レンズ

そのコレクションを自分なりにRanking

第7位
f0194276_2038452.jpg

FUJINON・W 5.6/210
このレンズはある方から譲り受けたレンズ
大判を始めた頃に譲っていただいた

35mm換算で約60mm
標準レンズよりやや望遠
使い易いレンズだが
これからは少し出番が少なくなってくるレンズだと思っている


第6位
f0194276_20223312.jpg

FUJINON・W 5.6/135
標準よりやや広角のレンズ
35mm換算で約40mm

このレンズは安さに釣られ購入した
イメージサークルが小さいのでアオリが少ないのが少々不満

まあ 描写力は柔らかめって事で
被写体を選ぶ必要があるレンズだ


第5位
f0194276_20224575.jpg

Schneider
SUPER-ANGULON MC 5.6/75


名門Schneiderのレンズ
35mm換算で21mmの超広角レンズ

今回の世界水草レイアウトコンテストでも撮影に使ったレンズ

超広角でシャープな画像
撮影を終えたポジを見た時は興奮しました

でも・・・風景には向いていないかも・・・
アオレ無い・・・  イメージサークルが小さ過ぎる・・・

コンテスト用のレンズとしては重宝するだろう


第4位
f0194276_20225516.jpg

Schneider
SUPER-ANGULON  5.6/90 monocoat type


こちらも名門Schneiderのレンズ

35mm換算で28mmの広角レンズ

状態の良い モノコートタイプということで購入した
描写力は凄く良いみたい
古いレンズだがその描写力に期待している


第3位
f0194276_2023223.jpg

TOPCOR 5.6/150

大判を購入した時に付いていたレンズ

標準レンズだが その描写力は凄い
このレンズは結構お世話になっている

水景や風景なんでも来い!!!
万能レンズだ!!!!


第2位
f0194276_2023833.jpg

CM FUJINON・W 5.6/150

フジフィルムが送り出した最高峰のレンズ!!!!
TOPCORの標準があの写りなんで嫌でも期待出来る

CMとはコマーシャルの略で
小物から風景やポートレートなんでもいける!!!
シャープかつ最高画質を誇るレンズ
これからは最前線で活躍してくれるだろう!!!


第1位
f0194276_20231593.jpg

Schneider
MC SYMMAR-S 5.6/240


35mm換算で約80mmの望遠レンズ

名門Schneiderのレンズです
描写力には問題なし
風景などで活躍する事間違いなし!!!!!

300mmを買うまでは このレンズの出番は一番多いと考えている
最高の相棒になってくれるだろう!!!!!
[PR]
by nature-of-destiny | 2010-05-26 21:03 | 大判倶楽部

かっこいい・・・

4/22
f0194276_14465388.jpg
f0194276_14465995.jpg
f0194276_1447577.jpg
f0194276_14471190.jpg

レンズを綺麗に撮るのは難しい・・・
[PR]
by nature-of-destiny | 2010-04-22 14:49 | 大判倶楽部

また 買ってしまった・・・

4/10
f0194276_22282944.jpg

大判の熱が上がっているピロセです

良いレンズがあったので買ってしまった・・・
SCHNEIDER SUPER-ANGULONはシャープな画質が特長だが
FUJINONレンズはやわらかい描写力が魅力
まだまだ 現役のレンズです
大判を持参して覗かしてもらった
覗いた瞬間にこれだ!!!!と思い 即購入・・・

まあ・・・安かったので・・・
f0194276_22412640.jpg
f0194276_22413881.jpg



第二回 「写道」・・・影 PHOTO CONTEST投票 要領は↓
こちら

第一回 「写道」・・・影 PHOTO CONTEST結果発表
こちら

[PR]
by nature-of-destiny | 2010-04-10 22:42 | 大判倶楽部

レンズボード交換

4/2
SUPER ANGULON MC 5,6/75を大判に取り付け覗いてみたが・・・

少しピントが甘いか????(ほんとに微妙)

フィールドタイプは超広角を取り付けるとしばしばこんな事がある

レンズのフランジバックとカメラ本体の微妙な関係がそこにある

ピントが甘いのは絞れば解消出来るが

もともと大判は絞って撮るもんだから そんなに気にしないでもいいが

折角 良いレンズを買ったんだから そこは譲れない

って訳で えるえるさんにお願いして ちょこっとお買い物を
f0194276_19381528.jpg

↑ これを買いました
リンホフ規格の凹型レンズボード
厚みは13mm レリーズアダプター付き


これを早速取り付けてみます

SUPER ANGULON MC 5,6/75をバラバラにします
ネジを壊さないように気を付けてはずします
裏にもレンズが付いているので慎重に・・・
f0194276_19382264.jpg

で ごらんの通りにバラバラに


レリーズを調整しながら
シャッターから取り付けます
少しの余裕を持たせながら締め付け
f0194276_19383111.jpg



前玉を慎重に・・・
レンズカバーを取り付けてからすれば傷が付かなくていいです
f0194276_19384023.jpg



後玉も同じように取り付け完成
f0194276_1938462.jpg



本体に付けて・・・
f0194276_19385319.jpg



レリーズを確認
完璧な押し具合~~~~~
f0194276_1939168.jpg



このメカニカルな感じがいいんだよな~~~~
f0194276_1939721.jpg


大判倶楽部のオリジナルボードを作ろうと計画中・・・
[PR]
by nature-of-destiny | 2010-04-02 20:59 | 大判倶楽部

大判リバーサルフィルム

3/24
第二回 「写道」・・・影 PHOTO CONTESTの締め切りが後1週間に迫りました
最近は雨ばっかりで撮影に行く気が起こりません・・・

本日は 大判のポジフィルム(リバーサルフィルム・以下ポジ)を紹介
f0194276_1592111.jpg

左のポジが4inch×5inch大判カメラのポジです
右上のポジは中判カメラです フィルムサイズは6㎝×6㎝
右下が35㎜ 一般に使われているポジです

こうして見ると圧倒的な情報量です
魚も水草も鮮明に写ります
[PR]
by nature-of-destiny | 2010-03-24 15:35 | 大判倶楽部

大判カメラとは??

3/20
レンズ沼にはまり
抜け出せそうに無いピロセですが・・・何か???

ま~~~~そんな事はどうでもいいが

ネイチャーアクアリウムをしていれば
AQUA JOURNALなどで天野社長が大判で水景を撮影しているのを見ているはず

大判とはどんな物か・・・
かなり長くなりますので・・・

まずはフィルムの大きさ
一番小さい大判で4×5inch(10㎝×12.5㎝)
俗に言う「シノゴ」というやつだ
このフィルムでさえ35㎜のフィルムの約13倍
1000万画素のデジカメで例えると1億3000万画素になる
フィルムが何画素あるか分からないが その鮮明さはこれで伝わるでしょう
これが 天野社長がこだわる大判というものだ
過去も現在も 水景撮影では
8×10inchの大判カメラを使用して撮影している
ディアドルフ・・・・・・・
これは最高峰のフィールドカメラ
特にシリアルNO.2000番台は最高傑作といわれる
あ~~~~~~~~~欲しい・・・

まあ これくらいにして
大判カメラで撮影したいと思ったそこの君!!!!

いったいどのくらいの値段がするのか?????


説明しよう


f0194276_21384897.jpg

まずはカメラ
僕が使用しているのは いわゆるフィールドタイプ
駒村商会のWOOD MAN45
お値段は定価で13万円前後
この他にタチハラやTOYOなど数社ある
木製のフィールドタイプは軽くて扱い易い
スタジオなどで撮影するモノレールタイプもあるが
こちらは高い・・・重い・・・
物によるが25万~100万円くらいかな~~~~
水景だけを撮影するならこれでいい(お金に余裕があれば)
でも 風景撮影もしたいなら軽くて安いフィールドタイプがおすすめです


f0194276_21385533.jpg

続いてレンズ
大判にはズームレンズはない
全て単焦点になる
4×5の標準レンズは150㎜
まずはこれからスタートする事になる
お値段は新品で5万~15万円程
中古だとかなり安く購入出来る
しかし ちゃんと品定めをして補償のある所で購入して欲しい
オークションよりお店に行って 店員さんと仲良くなった方が色々教えてくれる

あと注意点は  レンズのみってのもある
大判のレンズは3つに分かれていて
レンズ・シャッター・レンズボードで1組になる
レンズを買ったつもりがボードは付いて無いって事もあるので
きちんと説明してくれる所で購入する

その他のレンズはかなりのお値段になる
望遠だと300㎜で10万~50万円くらい
広角も同じくらいのお値段になる
先日買った広角レンズは定価で25万6000円
結構なお値段でしょう・・・

ちなみに画角が90°以上の広角は超広角の部類になる
SCHNEIDER SUPER-ANGULON MC 5.6/75は画角が90°にもなる


f0194276_2139916.jpg

続いて フィルムホルダー
大判はシートフィルムを1枚1枚装填しなければいけない
それも暗闇かダークボックスでの装填になる
完全に光が遮断できる部屋があるならそこで出来るが普通は無理でしょう
ダークボックスは簡易と木で出来ているのがあるが
それぞれ2万~5万くらい
始めの頃は手作りのボックスを使っていたが
大判の撮影が減ったプロのカメラマンからいただいたので
そちらを使用している

で肝心のフィルムホルダーは
新品で4000円前後
中古なら1000円程度で購入出来る
1つでフィルムが2枚装填出来るが
フィルムは10枚・20枚・50枚で売っている
だから最低5枚は必要になる


f0194276_21391727.jpg

フィルムを装填していざ撮影
しかし 最初はどんな写りになるか不安だ・・・

そんな時はポラロイドで露出を確認する必要がある
これは ポラロイドのフィルムを装填するホルダー
お値段は新品で3万円前後
ポラロイドはカラー・黒白など数種類存在する
8枚が一つ刷りになっていて
黒白で2500円前後
カラーで3500円前後


f0194276_21393374.jpg

レリーズ
シャッターを切る時に使います
大判のシャッターは機械式
絞りもシャッターも指針でそれぞれ決定する
この操作は カシャカシャとシャッターを切っているうちに覚えてしまう
短いのと長いのがあれば重宝する
お値段は3000円程度


f0194276_21394358.jpg

ルーペ
大判カメラのファインダーは
バックにあるピントガラス覗く
そこをルーペで確認しながらピントを合わせていく
現像後にもフィルムの確認の為使用します
5倍 10倍 20倍のがあれば確認作業も楽になるので
2~3種類あれば良い
お値段はピンキリだが1本5000円くらいので十分だと思う


f0194276_21395641.jpg

続いては冠布
ピントガラスは明るいと見えないので
冠布で光を遮断して見ます
こちらは手作りで120㎝×120㎝の大きさがある
購入すれば1万円くらいで販売しているが
使い勝手の問題で手作りにした


f0194276_2140238.jpg

露出計
これがなければ撮影出来ないと言っても過言ではない
大判では絞り優先やシャッター優先などがない
内蔵の露出計すら存在しない
全ては露出計で光を読み
それに対してどのくらい露出補正をするか自分で決める
露出計は反射率18%の光を計算して求めてくれる・・・・
が・・・・何が18パーセントか自分で求めていかなければならない
ここでは詳しくは書かないが
これが理解出来なければ大判で撮影する事が出来ない
なので 写真を撮る時はできるだけマニュアルで撮影して
光を読む事を練習する必要がある
入射式と反射式があり これは両方使えるので使い易い
これは反射角5°のタイプ
お値段はこちらで新品で4万5000円程度
反射角が1°のスポットメーターはもうチョイ高い
お値段は7万円~12万円くらい


f0194276_21401231.jpg

フィルム
大判もフィルムは数多く存在する
カラーフィルム
リバーサルフィルム(俗にいうポジ)
黒白フィルム(白黒と言ってる人もいるが 正解は黒白)
一番使うのはリバーサルフィルム
中でもフジのベルビアが発色が良く気に入っている
天野社長も使っている(こないだの写真集で書いていたが使ってるのは知らなかった)
お値段は10枚セットで3500円前後
1枚で350円もするのだからパシャパシャと撮影出来たもんじゃない
失敗すれば泣きたくなる・・・
現像は1枚450円前後
現像しないと確認出来ないので
必然的にフィルム・現像で1枚800円前後にもなる



以上これくらいあれば大判を購入し風景撮影は出来る(水景はストロボがいるので・・・)
あとは カメラを収納するバックや現像した時に確認するライトボックスなどが必要だが
こちらはあえて書かない
これらは自分にあった物を購入して欲しい

どれを選び購入するかはあなたの判断です

しかし お金が掛かる事だが
それ以上に大判には魅力があると付け加えておく・・・・・・・・・・


水景を撮影するには ストロボもいるんだ~~~
またの機会に・・・
[PR]
by nature-of-destiny | 2010-03-20 23:27 | 大判倶楽部

機材紹介#2

3/19
買ってしまった・・・
地獄とはこの事か・・・
抜け出せぬレンズ沼・・・
f0194276_19132494.jpg


大判カメラ用レンズ
SCHNEIDER
SUPER-ANGULON MC 5.6/75

f0194276_19133377.jpg

大判の広角レンズ
名門SCHNEIDERの超アヘアヘレンズです
大判の魅力は
何と言っても その描写力
これで水景を撮影すれば
小さな藻類をも写してしまう
だから 藻類の発生は魅力が半減してしまう・・・

大判では 全てがマニュアル操作である
フィルムの装填からシャッターを切るまで・・・
不便なカメラだ・・・
だが 撮影に成功した時の喜びは
天に昇る気分だ!!


バックは玉田先生率いる日本大判写真協会主催
玉田 勇 著の「大判写真入門」

これで大判を覚えた・・・


f0194276_19441574.jpg

一昨年の忘年会では
じょえさん mochyさん ピロセの大判カメラが結集
この光景も圧巻でアヘアヘでした

[PR]
by nature-of-destiny | 2010-03-19 20:27 | 大判倶楽部

機材紹介#1


f0194276_19195870.jpg

ホースマンWOOD MAN45
[PR]
by nature-of-destiny | 2009-11-24 21:16 | 大判倶楽部